医療機関の案件時に。「医療機関ホームページガイドライン」と「医療広告ガイドライン」


Photo credit: imelenchon from morguefile.com

Webサイトや広告バナーを制作・運営する際、薬事法については昔からネット通販絡みでよく話題になることが多く、かなり周知されてると思う。
でも、その他各業種によっても規制や決まり事があっても、実際に関わっていなければ存在すら知らなかったりするはず。
そんな中、医療関係については広告に規制があると以前から小耳に挟んでいたし、先日は広告への論文の引用掲載についてニュースで触れていたのが気にはなっていたのだけど、
タイミング良く9月末に「医療広告ガイドライン」の一部改正があったという情報を見かけたので、改めて調べてみた。

病院のWebサイトや広告バナーを制作する際は薬事法のように「医療法」の法令・「医療機関ホームページガイドライン」「医療広告ガイドライン」に沿わないといけない。
(今まで触れる機会がなくて気にしていなかったけれど、法令で規制されてたのですね)

その「医療広告ガイドライン」で、通常Webサイトは情報提供と広報を行う場であって広告にはみなされず、バナー広告やリスティング広告が規制対象に。
それがこの度改訂されて、各広告リンクから飛んで表示されるWebサイト自体も広告と見なされることに。
もちろん、どういったことがNGかなどは通常の紙媒体や看板などの広告と同じなので、クライアント側が充分心得ているとは思いますが、
医療関係の案件を受ける際には一度は下記をざっと参照しておくとよいかも。

医療法における病院等の広告規制について - 厚生労働省
 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/index.html
 医療広告ガイドライン(PDF)
 医療広告ガイドラインに関するQ&A(事例集)
 医療機関ホームページガイドライン

「(医療広告ガイドライン)」の改正について - 日本病院会
タグ:Web制作メモ

2013年10月18日

posted by michi at 12:14 | Comment(0) | Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。